1.2.1 簡単な記譜法

LilyPond はいくつかの記譜要素を自動的に追加します。次の例では、我々は 4 つのピッチを指定しただけですが、LilyPond が音部記号、拍子記号、リズムを加えています。

{
  c' e' g' e'
}

[image of music]

この挙動は変更されるかもしれませんが、たいていのケースではこれらの自動値は役に立ちます。

ピッチ

音楽用語集: pitch, interval, scale, middle C, octave, accidental

音符を入力するための最も簡単な方法は \relative モードを使用することです。このモードでは、後に続く音符は常に前の音符に最も近い場所になるという仮定によって自動的にオクターブが選択されます。つまり、音符は前の音符から 3 譜表スペース (訳者: 1 譜表スペースとは同じ音階のド→レ、レ→ミ、~の間隔のこと) 以内に置かれます。我々はまず音楽の最も基本的な要素 – 音階 (ここでは各音符は前の音符からちょうど 1 譜表スペースの位置にきます) – からはじめます。

% set the starting point to middle C
\relative c' {
  c d e f
  g a b c
}

[image of music]

最初の音符はミドル C です。一連の音符はそれぞれ前の音符と最も近い場所に置かれています – 言い換えると、最初の c はミドル C に最も近い C です。これに前の音符に最も近い D が続きます。我々は \relative モードだけを使ってより大きな音程を持つ旋律を作ることができます:

\relative c' {
  d f a g
  c b f d
}

[image of music]

旋律の最初の音符が開始ピッチを指定している音符である必要はありません。前の例では、最初の音符 – d – はミドル C に最も近い D です。

\relative c' { コマンドにクォート ' やカンマ , を付け加える (あるいは取り除く) ことによって、開始オクターブを変更することができます:

% one octave above middle C
\relative c'' {
  e c a c
}

[image of music]

相対モードは最初のうちは混乱を引き起こす可能性がありますが、たいていの旋律を入力するのに最も容易な方法です。相対計算が実際にどのように行われるのか見てみましょう。B – ト音記号の譜面の真ん中の譜線上にあります – から開始すると、C, D, E は上方向に 3 譜表スペース以内にあり、A, G, F は下方向に 3 譜表スペース以内にあります。そのため、B の後に続く音符が C, D, E である場合、その音符は B の上に置かれ、A, G, F である場合は B の下に置かれます。

\relative c'' {
  b c  % c は b よりも 1 譜表スペース上なので、c は b の上になります
  b d  % d は 2 つ上または 5 つ下なので、d は上になります
  b e  % e は 3 つ上または 4 つ下なので、e は上になります
  b a  % a は 6 つ上または 1 つ下なので、a は下になります
  b g  % g は 5 つ上または 2 つ下なので、g は下になります
  b f  % f は 4 つ上または 3 つ下なので、f は下になります
}

[image of music]

これらの音符のいずれかにシャープやフラットが付いたとしてもまったく同じことが起こります。相対位置の算出時に臨時記号完全に無視されます。譜表上の他のいずれかの位置にある音符からの譜表スペース数もまったく同じです。

3 譜表スペースよりも大きな音程を加えるために、シングル クォート ' (あるいはアポストロフィ) を音符名に付け加えることによってオクターブを上げることができます。音符名にカンマ , を付け加えることによってオクターブを下げることができます。

\relative c'' {
  a a, c' f,
  g g'' a,, f'
}

[image of music]

音符を 2 オクターブ (あるいはそれ以上) 変えるには、複数化した '',, を使用します – しかしながら、1 つのダブル クォート " ではなく、2 つのシングル クォートを使用するよう注意してください!また、\relative c' の中の最初の値もこのように変更されるかもしれません。

演奏時間 (リズム)

音楽用語集: beam, duration, whole note, half note, quarter note, dotted note

音符の演奏時間は音符名の後の番号によって指定されます。全音符には 1 を、半音符には 2 を、4 分音符には 4 を、などです。連桁 (符幹と符幹をつなぐ横棒。符幹は符頭から上下にでる縦棒。符頭は音符の玉) は自動的に追加されます。

あなたが演奏時間を指定しなかった場合、前の音符の演奏時間が次の音符の演奏時間に対しても使用されます。最初の音符のデフォルトの演奏時間は 4 分音符です。

\relative c'' {
  a1
  a2 a4 a8 a
  a16 a a a a32 a a a a64 a a a a a a a a2
}

[image of music]

付点音符を作成するには、演奏時間数にドット . を付け加えます。付点音符の演奏時間は明記されなければなりません (つまり、数字で)。

\relative c'' {
  a4 a a4. a8
  a8. a16 a a8. a8 a4.
}

[image of music]

休符

音楽用語集: rest

休符r という名前の音符のような形で入力されます:

\relative c'' {
  a r r2
  r8 a r4 r4. r8
}

[image of music]

拍子記号

音楽用語集: time signature

拍子記号\time コマンドでセットすることができます:

\relative c'' {
  \time 3/4
  a4 a a
  \time 6/8
  a4. a
  \time 4/4
  a4 a a a
}

[image of music]

テンポ記号

音楽用語集: tempo indication, metronome

テンポ指示メトロノーム記号\tempo コマンドでセットすることができます:

\relative c'' {
  \time 3/4
  \tempo "Andante"
  a4 a a
  \time 6/8
  \tempo 4. = 96
  a4. a
  \time 4/4
  \tempo  "Presto" 4 = 120
  a4 a a a
}

[image of music]

音部記号

音楽用語集: clef

音部記号\clef コマンドを使ってセットすることができます:

\relative c' {
  \clef treble
  c1
  \clef alto
  c1
  \clef tenor
  c1
  \clef bass
  c1
}

[image of music]

すべてをまとめて

以上の要素をすべて集めたちょっとした例をお見せします:

\relative c, {
  \clef "bass"
  \time 3/4
  \tempo "Andante" 4 = 120
  c2 e8 c'
  g'2.
  f4 e d
  c4 c, r
}

[image of music]

参照

記譜法リファレンス: ピッチを記述する, リズムを記述する, 休符を記述する, 拍子, 音部記号


他の言語: English, česky, deutsch, español, français, magyar, italiano, nederlands
About automatic language selection.

LilyPond — 学習マニュアル