3.5.6 MIDI での打楽器

打楽器は一般的に DrumStaff コンテキストの中で記譜され、そのように記譜された場合、その打楽器は正しく MIDI チャンネル 10 に出力されます。しかしながら、いくつかのピッチを持つ打楽器 -- ザイロフォン、マリンバ、ビブラフォン、ティンパニなど -- は “通常の” 楽器のように扱われ、正しい MIDI 出力を得るには、それらの楽器のための音楽を通常の Staff コンテキストに入力する必要があります -- DrumStaff には入力しません。

いくつかのピッチを持たない打楽器 -- メロディック トム、太鼓、シンセドラムなど -- のサウンドは一般の MIDI 標準に含まれ、MIDI チャネル 10 経由では使用できません。そのため、そのような楽器の記譜も適切なピッチを使って通常の Staff コンテキストに入力すべきです。

多くの打楽器 -- カスタネットなど -- は一般の MIDI 標準には含まれません。そのような楽器のための記述を行っている場合に MIDI 出力を作り出すための最も容易な -- けれども不十分な -- 方法は、標準セットから最も近いサウンドを代わりに用いることです。

既知の問題と警告

一般の MIDI 標準はリム ショットを含まないため、代わりにサイドスティックを用います。


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス