2.4.3 絶対音符名

これまで我々は常にピッチを定義するのに \relative を使ってきました。これはたいていの音楽を入力するのに最も容易な方法です。しかしながら、ピッチを定義するための方法がもう一つ存在します: 絶対モードです。

あなたが \relative を省略した場合、LilyPond はすべてのピッチを絶対値として扱います。c' は常にミドル C を意味し、b は常にミドル C の 1 音下の音符を意味し、g, は常にヘ音記号の譜表の最下段の譜線上にある音符を意味します。

{
  \clef "bass"
  c'4 b g, g, |
  g,4 f, f c' |
}

[image of music]

今度は 4 オクターブの音階があります:

{
  \clef "bass"
  c,4 d, e, f, |
  g,4 a, b, c |
  d4 e f g |
  a4 b c' d' |
  \clef "treble"
  e'4 f' g' a' |
  b'4 c'' d'' e'' |
  f''4 g'' a'' b'' |
  c'''1 |
}

[image of music]

ト音記号に旋律を書く場合は多くのクォート ' 記号が使用されることが見て取れます。モーツァルトからの以下の楽譜の断片について考えてみます:

{
  \key a \major
  \time 6/8
  cis''8. d''16 cis''8 e''4 e''8 |
  b'8. cis''16 b'8 d''4 d''8 |
}

[image of music]

これらすべてのクォート記号は入力ファイルを読みにくいものにして、エラーの原因になります。\relative を使うことで、上の例はずっと読みやすく、入力しやすくなります:

\relative c'' {
  \key a \major
  \time 6/8
  cis8. d16 cis8 e4 e8 |
  b8. cis16 b8 d4 d8 |
}

[image of music]

\relative モードを使っているときにあなたがオクターブ記号 (',) を付け間違えた場合、すぐにわかります – 多くの音符が間違ったオクターブに譜刻されます。絶対モードを使っているときに付け間違いをした場合、はっきりとせず、見つけにくいです。

しかしながら、絶対モードは大きな音程を持つ音楽に対しては有用であり、LilyPond ファイルをコンピュータで生成する場合は非常に有用です。


他の言語: English, česky, deutsch, español, français, magyar, italiano, nederlands
About automatic language selection.

LilyPond — 学習マニュアル v2.17.97 (開発版).