2.1.1 小節チェック

必須ではありませんが、入力コードの中で 小節チェック を挿入してどこに小節線を置こうとしているのかを示すべきです。小節チェックは挿入するには | を入力します。小節チェックがあると、プログラムはあなたが各小節に入力した演奏時間が正しい長さになっているかを検証することができます。さらに、小節チェックは要素を整理する助けとなるため、 入力コードが読みやすくなります。

g1 | e1 | c2. c'4 | g4 c g e | c4 r r2 |

[image of music]

参照

記譜法リファレンス: 小節と小節番号のチェック


他の言語: česky, deutsch, nederlands
About automatic language selection.

LilyPond — 学習マニュアル v2.17.97 (開発版).