4.1.3 オブジェクトとプロパティの命名規則

我々は以前にも コンテキストとエングラーバ でいくつかのオブジェクト命名規則を見てきました。ここで参照のために、最も一般的なオブジェクトとプロパティをリストアップし、それに加えてそれらの命名規則と実際の名前の例を挙げます。何らかの大文字のアルファベットを表すために ‘A’ を使用し、いくつかの小文字のアルファベットを表すために ‘aaa’ を使用しています。他の文字は実際の命名でもそのまま使用されます。

オブジェクト/プロパティのタイプ命名規則
コンテキストAaaa や AaaaAaaaAaaaStaff, GrandStaff
レイアウト オブジェクトAaaa や AaaaAaaaAaaaSlur, NoteHead
エングラーバAaaa_aaa_engraverClef_engraver, Note_heads_engraver
インタフェイスaaa-aaa-interfacegrob-interface, break-aligned-interface
コンテキスト プロパティaaa や aaaAaaaAaaaalignAboveContext, skipBars
レイアウト オブジェクト プロパティaaa や aaa-aaa-aaadirection, beam-thickness

これから見ていくのですが、タイプが異なるオブジェクトのプロパティは異なるコマンドによって変更されます。そのため、名前からオブジェクトやプロパティのタイプを識別できるようになると役に立ちます。


他の言語: English, česky, deutsch, español, français, italiano, nederlands
About automatic language selection.

LilyPond — 学習マニュアル v2.17.97 (開発版).