4.2.3 プロパティのタイプ

これまでにプロパティのタイプを 2 つ見てきました: numbersymbol です。プロパティに与える値が有効であるためには、その値は正しいタイプであり、そのタイプのルールに従っていなければなりません。プロパティのタイプは内部リファレンスの中で常にプロパティ名の後の括弧の中に表示されています。ここに、あなたが必要になるであろうプロパティのタイプを、そのタイプのルールといくつかの例と共にリスト アップします。\override コマンドの中でプロパティの値を入力する時は、当然、常にそれらの値の前にハッシュ記号 # を付け加える必要があります – 例え、その値自体が # で始まっていたとしても付け加える必要があります。ここでは定数の例だけを示します: Scheme を用いて値の計算をしたいのであれば、 Calculations in Scheme を参照してください。

プロパティ タイプ規則
Boolean真か偽のどちらかで、それぞれ #t と #f で表されます#t, #f
Dimension (譜スペース)小数 (譜スペース単位)2.5, 0.34
Direction向きを表す有効な定数またはそれと等価な数値 (-1 から 1 までの小数が許可されます)LEFT, CENTER, UP, 1, -1
Integer整数3, -1
List一連の定数またはシンボル。 スペースで区切られ、前にアポストロフィが付いた括弧で囲まれます'(left-edge staff-bar), '(1), '(), '(1.0 0.25 0.5)
Markup有効なマークアップ\markup { \italic "cresc." }
Momentmake-moment 関数で構築される全音符の分数(ly:make-moment 1/4), (ly:make-moment 3/8)
Number正または負の小数3.5, -2.45
(数の) Pair‘スペース . スペース’ で区切られ、前にアポストロフィが付いた括弧で囲まれた 2 つの数値'(2 . 3.5), '(0.1 . -3.2)
Symbolプロパティに許可されているシンボルのセットのいずれかであり、前にアポロストロフィを付けます'italic, 'inside
Unknown手続き。何のアクションも起こさない場合は #fbend::print, ly:text-interface::print, #f
Vector#() で囲まれたいくつかの定数#(#t #t #f)

参照

拡張: Scheme tutorial


他の言語: English, česky, deutsch, español, français, italiano, nederlands
About automatic language selection.

LilyPond — 学習マニュアル v2.17.97 (開発版).