4.5.4 行の長さ

スペースに影響を与える最も基本的な設定は、indentline-width です。これらは \layout ブロックの中で設定されます。これらの設定は、楽譜の最初の行のインデントと、行の長さを制御します。

\layout ブロックの中で ragged-right が真にセットされている場合、システムは行全体を埋めるように水平方向に引き伸ばされず、本来の長さで終了します。これは、小さな楽譜の場合や、本来のスペースがどれくらいの密度なのかをチェックする場合に有用です。通常のデフォルト設定は偽ですが、1 つしかシステムを持たない楽譜の場合のデフォルト値は真です。

ragged-last オプションは ragged-right に似ていますが、楽曲の最後の行だけに影響を与えます。最後の行には、何の制限も加えられません。この結果は、文章の段落をフォーマットする場合と同じです。文章の段落において、最後の行は単純にそのままの長さにフォーマットされます。

\layout {
  indent = #0
  line-width = #150
  ragged-last = ##t
}

参照

コード断片集: Spacing


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス v2.17.97 (開発版).