3.1.2 book の中にある複数の score

ドキュメントは複数の楽曲とテキストを含むことができます。そのようなドキュメントの例には練習曲集や、複数の楽章を持つオーケストラのパート譜があります。楽章はそれぞれ \score ブロックで入力され、

\score {
  ..music..
}

テキストは \markup ブロックで入力されます。

\markup {
  ..text..
}

同じ ‘.ly’ ファイルの中にあるすべての楽章とテキストは、通常、単一の出力ファイルとして譜刻されます。

\score {
  ..
}
\markup {
  ..
}
\score {
  ..
}

重要な例外として lilypond-book ドキュメントがあります。lilypond-book ドキュメントでは、明示的に \book ブロックを追加する必要があります。さもなければ、最初の \score あるいは \markup だけが出力に表示されます。

音楽の各節のヘッダはその節の \score ブロックの中に置くことができます。そのヘッダからの piece 名がそれぞれの楽章の前に譜刻されます。book 全体のタイトルは \book の中に置くことができます。しかしながら、\book が存在しない場合は、\header を入力ファイルの先頭に挿入します。

\header {
  title = "Eight miniatures"
  composer = "Igor Stravinsky"
}
\score {
  …
  \header { piece = "Romanze" }
}
\markup {
   ..text of second verse..
}
\markup {
   ..text of third verse..
}
\score {
  …
  \header { piece = "Menuetto" }
}

\bookpart ブロックを用いて、 複数の楽曲を book のパートとしてグループ化することができます。

book パートは改ページで区切られ、book 自体と同様に \header ブロックによりタイトルを持つことができます。

\bookpart {
  \header {
    title = "Book title"
    subtitle = "First part"
  }
  \score { … }
  …
}
\bookpart {
  \header {
    subtitle = "Second part"
  }
  \score { … }
  …
}

他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス v2.17.97 (開発版).