5.2.1 内部リファレンスを使いこなす

以下の譜面の運指記号を移動させたいとします:

c-2
\stemUp
f

[image of music]

運指指示のドキュメント (運指の指示) を見ると、以下のようなセクションがあることに気付くはずです:

参照

内部リファレンス: Fingering

Fingering へのリンクを辿ってください。ページの先頭に、以下のような記述があります:

Fingering objects are created by: Fingering_engraver and New_fingering_engraver.

内部リファレンスの中にある関連リンクを辿っていくことで、プログラム内部の情報フローを追っていくことができます:

このパスは、プログラム内部での情報フローとは逆向きです: 出力からスタートして、入力イベントで終わっています。入力イベントからスタートして、情報フローを読み進め、最後は出力オブジェクトに辿り着くこともできます。

内部リファレンスを通常のドキュメントのように読むこともできます。内部リファレンスに含まれる章は、 Music definitions, Translation, それに Backend です。 各章は、使用されているすべての定義と調整可能なすべてのプロパティをリストアップしています。


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス v2.17.97 (開発版).