1.7.2 譜の外部

このセクションでは、譜の外側から譜の中にある要素を強調するための方法について説明します。


バルーン ヘルプ

記譜要素に四角いバルーンで印を付けて、テキストを付け加えることができます。この機能の主目的は記譜法を説明することです。

\new Voice \with { \consists "Balloon_engraver" }
{
  \balloonGrobText #'Stem #'(3 . 4) \markup { "I'm a Stem" }
  a8
  \balloonGrobText #'Rest #'(-4 . -4) \markup { "I'm a rest" }
  r
  <c, g'-\balloonText #'(-2 . -2) \markup { "I'm a note head" } c>2.
}

[image of music]

上の例には 2 つの音楽関数が使われています – balloonGrobTextballoonText です。前者は \once \override のように使用され、任意のグラフィカル オブジェクトにテキストを付加します。後者はたいてい和音の中で \tweak のように使用され、個々の音符にテキストを付加します。

通常、バルーン ヘルプのテキストは音符の間隔に影響を与えますが、影響を与えないよう変更することもできます:

Balloon text normally influences note spacing, but this can be altered:

\new Voice \with { \consists "Balloon_engraver" }
{
  \balloonLengthOff
  \balloonGrobText #'Stem #'(3 . 4) \markup { "I'm a Stem" }
  a8
  \balloonGrobText #'Rest #'(-4 . -4) \markup { "I'm a rest" }
  r
  \balloonLengthOn
  <c, g'-\balloonText #'(-2 . -2) \markup { "I'm a note head" } c>2.
}

[image of music]

定義済みコマンド

\balloonLengthOn, \balloonLengthOff

参照

コード断片集: Editorial annotations

内部リファレンス: Balloon_engraver, BalloonTextItem, balloon-interface


グリッド ライン

音符に同期して、譜の間に垂直な線を描くことができます。

線の終点を作成するために Grid_point_engraver を用いる必要があります。一方、実際に線を描くために Grid_line_span_engraver を用いる必要があります。デフォルトでは、グリッド ラインは各符頭の左端に揃えられます。グリッド ラインは上の譜の中央線から下の譜の中央線まで引かれます。gridInterval でグリッド ライン間の演奏時間を指定する必要があります。

\layout {
  \context {
    \Staff
    \consists "Grid_point_engraver"
    gridInterval = #(ly:make-moment 1/4)
  }
  \context {
    \Score
    \consists "Grid_line_span_engraver"
  }
}

\score {
  \new ChoirStaff <<
    \new Staff \relative c'' {
      \stemUp
      c4. d8 e8 f g4
    }
    \new Staff \relative c {
      \clef bass
      \stemDown
      c4 g' f e
    }
  >>
}

[image of music]

Selected Snippets

Grid lines: changing their appearance

The appearance of grid lines can be changed by overriding some of their properties.

\score {
  \new ChoirStaff <<
    \new Staff {
      \relative c'' {
        \stemUp
        c'4. d8 e8 f g4
      }
    }
    \new Staff {
      \relative c {
        % this moves them up one staff space from the default position
        \override Score.GridLine.extra-offset = #'(0.0 . 1.0)
        \stemDown
        \clef bass
        \once \override Score.GridLine.thickness = #5.0
        c4
        \once \override Score.GridLine.thickness = #1.0
        g'4
        \once \override Score.GridLine.thickness = #3.0
        f4
        \once \override Score.GridLine.thickness = #5.0
        e4
      }
    }
  >>
  \layout {
    \context {
      \Staff
      % set up grids
      \consists "Grid_point_engraver"
      % set the grid interval to one quarter note
      gridInterval = #(ly:make-moment 1/4)
    }
    \context {
      \Score
      \consists "Grid_line_span_engraver"
      % this moves them to the right half a staff space
      \override NoteColumn.X-offset = #-0.5
    }
  }
}

[image of music]

参照

コード断片集: Editorial annotations

内部リファレンス: Grid_line_span_engraver, Grid_point_engraver, GridLine, GridPoint, grid-line-interface, grid-point-interface.


分析の囲み

音楽分析では、囲みを使って楽曲の構造を示します。シンプルな水平な囲みがサポートされています。

\layout {
  \context {
    \Voice
    \consists "Horizontal_bracket_engraver"
  }
}
\relative c'' {
  c2\startGroup
  d\stopGroup
}

[image of music]

Analysis brackets may be nested.

\layout {
  \context {
    \Voice
    \consists "Horizontal_bracket_engraver"
  }
}
\relative c'' {
  c4\startGroup\startGroup
  d4\stopGroup
  e4\startGroup
  d4\stopGroup\stopGroup
}

[image of music]

参照

コード断片集: Editorial annotations

内部リファレンス: Horizontal_bracket_engraver, HorizontalBracket, horizontal-bracket-interface, Staff


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス v2.17.97 (開発版).