5.3.1 プロパティ変更の概要

各コンテキストは、ある特定のタイプのグラフィカル オブジェクトを作成することについて責任を持ちます。それらのオブジェクトを表示するために使用される設定も、コンテキストによって保存されます。それらの設定を変更することにより、オブジェクトの見た目を変えることができます。

コンテキストに保存されるプロパティには 2 種類あります: コンテキスト プロパティとグラフィカル オブジェクト プロパティです。コンテキスト プロパティは、コンテキスト全体に適用され、コンテキスト自体をどのように表示するかを制御します。対照的に、グラフィカル オブジェクト プロパティは、コンテキストの中に表示されるある特定のタイプのグラフィカル オブジェクトに適用されます。

\set コマンドと \unset コマンドは、コンテキスト プロパティの値を変更するために使用されます。\override コマンドと \revert コマンドは、グラフィカル オブジェクト プロパティの値を変更するために使用されます。

参照

内部リファレンス: Backend, All layout objects, OverrideProperty, RevertProperty, PropertySet

既知の問題と警告

バックエンドはオブジェクト プロパティのタイプ チェックをそれほど厳密には行いません。Scheme 値の循環参照は、ハング アップまたはクラッシュ、あるいは両方を引き起こす可能性があります。


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス v2.17.97 (開発版).