4.3.8 改行/改ページのために追加のボイスを使用する

通常、改行/改ページ情報は音符入力部分に直接入力します。

music = \relative c'' { c4 c c c }

\score {
  \new Staff {
    \repeat unfold 2 { \music } \break
    \repeat unfold 3 { \music }
  }
}

この方法では \break\pageBreak コマンドを入力しやすいですが、音楽入力と音楽をどのようにページにレイアウトするかを指定する情報とが混ざってしまいます。改行/改ページ情報を保持するための追加のボイスを導入することによって、音楽入力と改行/改ページ情報を 2 つ場所に分けることができます。この追加のボイスはスキップ、\break\pageBreak、それに、その他の改行/改ページ情報だけを保持します。

music = \relative c'' { c4 c c c }

\score {
  \new Staff <<
    \new Voice {
      s1 * 2 \break
      s1 * 3 \break
      s1 * 6 \break
      s1 * 5 \break
    }
    \new Voice {
      \repeat unfold 2 { \music }
      \repeat unfold 3 { \music }
      \repeat unfold 6 { \music }
      \repeat unfold 5 { \music }
    }
  >>
}

[image of music]

以下の方法は、垂直方向のスペース で説明されているように、NonMusicalPaperColumnGrobline-break-system-details と他の有用だが長いプロパティを上書きするときに、非常に役に立ちます。

music = \relative c'' { c4 c c c }

\score {
  \new Staff <<
    \new Voice {
      \overrideProperty Score.NonMusicalPaperColumn.line-break-system-details #'((Y-offset . 0))
      s1 * 2 \break

      \overrideProperty Score.NonMusicalPaperColumn.line-break-system-details #'((Y-offset . 35))
      s1 * 3 \break

      \overrideProperty Score.NonMusicalPaperColumn.line-break-system-details #'((Y-offset . 70))
      s1 * 6 \break

      \overrideProperty Score.NonMusicalPaperColumn.line-break-system-details #'((Y-offset . 105))
      s1 * 5 \break
    }
    \new Voice {
      \repeat unfold 2 { \music }
      \repeat unfold 3 { \music }
      \repeat unfold 6 { \music }
      \repeat unfold 5 { \music }
    }
  >>
}

[image of music]

参照

記譜法リファレンス: 垂直方向のスペース

コード断片集: Spacing


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス v2.17.97 (開発版).