4.3.2 改ページ

デフォルトの改ページは、\pageBreak\noPageBreak を挿入することによって上書きすることができます。これらのコマンドは \break\noBreak に似ています。 これらのコマンドは小節線のところに挿入すべきであり、改ページを強制/禁止します。当然のことですが、\pageBreak は強制的に改行も行います。

\pageBreak コマンドと \noPageBreak コマンドは最上位レベルに挿入することができ、score や最上位レベルのマークアップの間に挿入することができます。

ragged-rightragged-last と類似で、垂直方向のスペースに対して同じ効果を持つ設定があります: ragged-bottomragged-last-bottom です。これらの設定が #t にセットされている場合、すべてのページあるいは最後のページのシステムはページの垂直方向全体には広がりません。固定された垂直方向の \paper スペース変数 を参照してください。

改ページは page-breaking 関数によって算出されます。LilyPond は改ページを算出するために 3 つのアルゴリズムを提供します: ly:optimal-breaking, ly:page-turn-breaking, それに ly:minimal-breaking です。デフォルトは ly:optimal-breaking ですが、\paper ブロックの中で変更することができます:

\paper {
  page-breaking = #ly:page-turn-breaking
}

1 つのブックが多くの楽譜とページを持つ場合、改ページを処理するのに多くの処理時間とメモリが必要になり、改ページの問題を解決することが困難になる可能性があります。改ページ処理を簡単にするために、\bookpart ブロックを用いてブックをいくつかのパートに分割します: 改ページはパートごとに別々に処理されます。異なるブック パートには、異なる改ページ関数を使用することもできます。

\bookpart {
  \header {
    subtitle = "Preface"
  }
  \paper {
     %% ほとんどテキストしか保持していないパートでは
     %% ly:minimal-breaking が適しています
     page-breaking = #ly:minimal-breaking
  }
  \markup { … }
  …
}
\bookpart {
  %% このパートは音楽を保持しているので、デフォルトの
  %% ly:optimal-breaking を使用します
  \header {
    subtitle = "First movement"
  }
  \score { … }
  …
}

定義済みコマンド

\pageBreak, \noPageBreak

参照

記譜法リファレンス: 改行のための \paper 変数

コード断片集: Spacing


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス v2.18.2 (安定版).